心房細動(AF)既往のある患者に高用量のω3脂肪酸を投与しても、AFの再発は抑制されないことが、米国で行われたプラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験から明らかになった。この結果は第83回米国心臓協会・学術集会(AHA2010)で発表されるとともに、JAMA誌12月1日号に掲載された。

高用量のω3脂肪酸はAFの再発を予防せずの画像

ログインして全文を読む