救急外来から入院せずに帰宅後、プライマリ・ケア(PC)医と心臓専門医が協力したケアを受けた心不全患者は、プライマリ・ケア医のみや心臓専門医のみのケアを受けた患者と比べて、死亡や救急再受診のリスクが減少し、循環器系検査や心血管系治療薬の投与を受ける機会が多かった。この結果は、Circulation誌11月2日号に掲載された。

ログインして全文を読む