クロピドグレルの代謝活性化にかかわる薬物代謝酵素チトクロームP450(CYP)2C19 の機能欠損型アレル保有と、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)後の心血管リスクの関係をメタ解析で検討したところ、変異アレルを1個でも保有すると、心血管イベントリスクは有意に増加し、特にステント血栓症のリスク増加が顕著であることが明らかになった。この結果は、JAMA誌10月27日号に掲載された。

ログインして全文を読む