外科手術がハイリスクまたは禁忌の重度大動脈弁狭窄(AS)で、左室駆出率(LVEF)が低下している患者に対する経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)は、外科的大動脈弁置換術(S AVR)に比べてLVEFの回復が良好で、早期死亡リスクは同等だった。この結果は10月25日、Circulation誌オンライン版に掲載された。

重度ASのLVEF改善、手術よりTAVIの方が優れるの画像

ログインして全文を読む