発作性または持続性の心房細動(AF)のために高周波カテーテルアブレーション術を施行した患者を対象に、手術の前日と翌日に頭部MRIを撮影して比較したところ、全体の14%の患者で術後頭部に新たな塞栓病変が認められた。この結果は、Circulation誌10月26日号に掲載された。

ログインして全文を読む