心臓手術患者に対する輸血製剤の制限的使用と非制限的使用の安全性を比較したランダム化比較試験の結果、術後30日間の死亡と入院中の重症疾患の複合アウトカムの発生について両群間に有意差は見られなかった。だが赤血球輸血の単位数増加は、輸血実施基準と独立した死亡と合併症の危険因子だった。

心臓手術時の輸血基準は厳格にすべきの画像

ログインして全文を読む