米国で冠動脈バイパス術(CABG)を施行した約10万例を対象に、周術期における輸血の実施状況を分析したところ、同種赤血球(RBC)をはじめとする輸血用血液製剤の使用には施設間で大きなばらつきが見られた。ただし、施設ごとのRBC輸血率と総死亡の間に有意な関連はなかった。米国デューク大学などのグループが、JAMA誌10月13日号に研究結果を発表した。

ログインして全文を読む