心房細動(AF)患者を対象とした大規模観察研究で、2剤以上の抗血栓薬を併用した場合の出血リスクを調べたところ、ワルファリン・アスピリン・クロピドグレルの3剤およびワルファリン・クロピドグレルの2剤併用による出血リスクは、ワルファリン単独と比べて3倍超に上った。この結果はArch Intern Med誌9月13日号に掲載された。

AF患者への2剤以上の抗血栓薬併用は有害の画像

ログインして全文を読む