症候性頸動脈狭窄に対するステント留置術(CAS)と内膜摘除術(CEA)を比較したランダム化試験(RCT)の患者データを用いてメタ解析を行ったところ、70歳未満の患者における脳卒中または死亡のリスクはCAS群とCEA群で同等だったが、70歳以上ではCASのリスクはCEAの約2倍だった。この結果は9月10日、Lancet誌オンライン版に掲載された。

高齢者ではステント留置術より内膜摘除術が優位の画像

ログインして全文を読む