アテローム血栓症の危険因子を有する外来患者を対象に、世界29カ国で心血管イベントの発生を追跡した長期前向き観察研究の結果、最も強力なリスク予測因子は「1年以内の虚血イベントの既往」だったことが明らかになった。8月30日、JAMA誌オンライン版に掲載された。

1年以内の虚血イベントの既往が最も高リスクの画像

ログインして全文を読む