45歳以上の米国女性約3万人を15年近く追跡した大規模プロスペクティブ研究から、出生体重が女性の初発心房細動(AF)と有意に関連しているとの結果が得られた。米国の研究者らがCirculation誌8月24日号で報告した。

ログインして全文を読む