患者をカルシウム補給またはプラセボ投与のいずれかに割り付けたランダム化試験(RCT)のメタアナリシスを行ったところ、カルシウム補給により心筋梗塞のリスクが上昇するとの結果が得られた。ニュージーランドと米国の研究者らがBMJ誌8月7日号で報告した。

ログインして全文を読む