急性下壁心筋梗塞において、12誘導心電図のV1誘導でST上昇が認められるケースはハイリスクであることが、ニュージーランドとオーストラリアの多施設で実施された前向き研究から明らかになった。V1でST変化が見られない被験者と比べると、STが0.5mm上昇するごとに発症から30日間の死亡率がおよそ25%ずつ増加した。この結果はCirculation誌8月3日号に掲載された。

ログインして全文を読む