脳梗塞発症後3〜4.5時間の患者に対するアルテプラーゼ(rtPA:遺伝子組み換え組織プラスミノーゲン活性化因子)の有効性と安全性が欧米の観察研究で確認された後、発症後3〜4.5時間にrtPAを投与される患者が増加したが、3時間以内に投与した方が症候性脳内出血が少なく、機能的な改善も見られることが明らかになった。この結果は7月26日、Lancet Neurol誌オンライン版に掲載された。

脳梗塞発症後3〜4.5時間のtPA療法が増加の画像

ログインして全文を読む