右室流出路の導管機能不全に対する経カテーテル肺動脈弁留置術は、手技成功率が高く、弁の機能も1〜2年間は比較的良好に保たれることが、米国の多施設試験の中間報告から明らかになった。

経カテーテル肺動脈弁留置術、短期成績良好の画像

ログインして全文を読む