脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)が生合成される過程で前駆体から開裂するBNPシグナルペプチド(BNPsp)が循環血中に存在していることが明らかになり、心筋虚血の診断用バイオマーカーとして利用できる可能性があることが分かった。BNPspの臨床応用までを視野に入れた包括的研究の結果で、Circulation誌7月20日号に掲載された。

BNPシグナルペプチドが虚血診断マーカーにの画像

ログインして全文を読む