慢性腎臓病(CKD)患者の貧血治療において、ヘモグロビン(Hb)の目標値を高く設定して赤血球造血刺激因子製剤(ESA)による治療を行うと、脳卒中、高血圧悪化、およびシャント血栓のリスクが高くなることが、ランダム化比較試験のメタ解析から明らかになった。この結果はAnn Intern Med誌7月6日号に掲載された。

CKD患者へのEPO製剤投与、目標Hb値は低めにの画像

ログインして全文を読む