インスリン抵抗性に関連して非アルコール性肝障害が生じることは知られているが、肝障害は糖尿病合併症としての注目度が低く、現行ガイドラインでも肝機能のスクリーニングは推奨されていない。6月21日にCMAJ誌オンライン版で発表された、カナダでの後ろ向きコホート研究の結果、糖尿病患者は非糖尿病患者と比較して重症肝障害のリスクが高いことが明らかになった。

ログインして全文を読む