血管系疾患と診断されているが病状が安定している、または複数の血管系疾患リスクを持つという軽症の被験者に対してクロピドグレルとアスピリンによる抗血小板薬併用療法(dual antiplatelet therapy;DAPT)を実施したところ、プラセボ群に比べて出血リスクが高くなることが確認された。

クロピドグレルとアスピリン併用、1次予防には向かずの画像

ログインして全文を読む