痛風治療薬アロプリノールに、安定狭心症患者の運動耐容能を改善させる効果があることが、小規模のランダム化プラセボ対照クロスオーバー試験から明らかになった。この結果は6月8日、Lancet誌オンライン版に掲載された。

痛風治療薬が安定狭心症患者の運動耐容能を改善の画像

ログインして全文を読む