イギリスで行われた横断・縦断研究から、受動喫煙者は非喫煙者よりも心理的苦痛との関連が強く、精神疾患による入院リスクも高いことが分かった。この結果は6月7日、Arch Gen Psychiatry誌オンライン版に発表された。

受動喫煙により心理的苦痛が増加の画像

ログインして全文を読む