2型糖尿病に対する速放性ブロモクリプチン(D2ドパミン受容体作動薬、商品名Cycloset)投与の安全性を評価する臨床試験が行われた。その結果、有害事象は従来治療から増加せず、心血管イベントの発生は1年間の追跡期間で従来治療より40%も減少した。米ハーバード大学のグループによる研究結果で、3月23日、Diabetes Care誌オンライン版に早期公開された。

ドパミン作動薬で2型糖尿病のCVDリスクが低下の画像

ログインして全文を読む