腹部大動脈瘤の血管内治療は開腹手術に比べて周術期死亡を有意に低下させたが、6年後の生存率は両群間に差がなかった。また術後の再施行については、血管内治療群の実施率が開腹手術群に比べて有意に高かった。

腹部大動脈瘤の血管内治療、再び開腹術に勝てずの画像

ログインして全文を読む