末梢動脈疾患(PAD)を伴うと主要冠動脈イベント(MCE)のリスクが高まり、エイコサペンタエン酸(EPA)の投与によりそのリスクが56%減少することが、JELIS試験のサブ解析で明らかになった。この結果は5月18日、Circ J誌オンライン版に早期公開された。

EPA投与でPAD症例の主要冠動脈イベントが半減の画像

ログインして全文を読む