ワルファリンの使用開始時、薬物代謝に影響を及ぼす遺伝子型を調べて主治医に知らせることで、6カ月の経過観察中の入院率が、遺伝子型を調べなかった場合に比べて有意に低下した。

遺伝子型に基づくワルファリン管理で入院減少の画像

ログインして全文を読む