症候性の椎骨動脈狭窄症(VAS)に対して、経皮的カテーテル術によるステント治療を試みたところ、手技に伴う合併症はみられず、約8割の患者では症状改善に有効だった。米国の単施設での臨床研究の結果が、JACC誌2月9日号に掲載された。

症候性の椎骨動脈狭窄症に対する経皮的ステント治療の画像

ログインして全文を読む