胸部下行大動脈疾患に対するステントグラフト内挿術(TEVAR)が、開胸術に比べて死亡率および罹患率を低下させるかどうかを非ランダム化研究のメタ解析で検討したところ、TEVARが開胸術に比べて早期死亡および対麻痺を減少させる可能性が示された。この結果は2月3日、J Am Coll Cardiol誌オンライン版に掲載された。

ログインして全文を読む