わが国の都市部住民を対象とした大規模コホート研究である「吹田研究」で、腹囲と循環器疾患発症の関係を検討したところ、女性では関連性が見られたが、男性では見られなかったことが分かった。

ログインして全文を読む