肝薬物代謝酵素チトクロームP450 (CYP)の遺伝子多型は、薬物血中動態の変動に重要な役割を果たすことが知られている。近年発見されたCYP2C19の変異アレル*17(スター17)が経皮的冠動脈形成術(PCI)適応患者の臨床アウトカムに及ぼす影響を検討した結果、CYP2C19*17は、クロピドグレルの血小板凝集抑制作用の増強や出血リスクの増加と関連することが明らかになった。この結果は、Circulation誌2月2日号に発表された。

クロピドグレルの代謝活性化を促進するCYP2C19*17多型の画像

ログインして全文を読む