重症の大動脈弁狭窄のために、経皮的大動脈弁置換術(TAVI)が予定されている患者において、大動脈弁輪径を3つの計測法、すなわち経胸壁心エコー法(TTE)、経食道心エコー法(TEE)、およびマルチスライスCT(MSCT)で計測したところ、それぞれ計測値がやや異なり、この違いがTAVIの適否の決定、およびデバイスの選択に影響を与える可能性が示唆された。この結果は1月19日にJ Am Coll Cardiol誌に掲載された。

ログインして全文を読む