C反応性蛋白(CRP)と虚血性血管疾患の関連性は既知の危険因子による補正でかなり減弱し、CRPが冠動脈疾患の原因である可能性は低いことが大規模なメタ解析で示された。この結果はLancet誌1月9日号に掲載された。

CRPが冠動脈疾患の原因である可能性は低いの画像

ログインして全文を読む