無症候性頸動脈狭窄(asymptomatic carotid stenosis:ACS)に対して、従来のリスクファクターを管理する方法から、血管病変の進行度を指標とする強化薬物療法(intensive medical therapy)に変更したところ、経頭蓋超音波ドップラー法(TCD)による微小血栓の検出率と心血管イベントの有意な減少が認められた。この結果は12月14日、Arch Neurol誌オンライン版に掲載された。

強化薬物療法で無症候性頸動脈狭窄の予後改善の画像

ログインして全文を読む