治療中の2型糖尿病患者を合併症数により層別化し、ベースライン時のHbA1cと5年間の心血管イベントの発生を調査した縦断観察研究の結果、合併症の少ない患者群では、厳格な血糖管理を行った方が心血管イベントの発生が有意に少なかったが、合併症の多い患者群では血糖管理と心血管イベント発生率に関連は認められなかった。この結果はAnn Intern Med誌12月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む