多枝冠動脈疾患を有する糖尿病患者を対象とした前向きランダム化試験であるCARDia試験で、ステントを用いた経皮的冠動脈インターベンション(PCI)の安全性および有効性を冠動脈バイパス術(CABG)と比較したところ、1年間の追跡ではCABGに対するPCIの非劣性は示されなかった。

糖尿病患者の多枝冠動脈疾患、PCIの非劣性証明できずの画像

ログインして全文を読む