ステントグラフト内挿術(TEVAR)はB型大動脈解離に対する有効な治療戦略として知られているが、待機手術例におけるTEVARの有用性については確たるエビデンスがない。B型大動脈解離の待機手術例を対象に、TEVARと保存的治療の予後を比較したランダム化試験の結果、両群の予後に有意差はなかった。この結果はCirculation誌12月22/29日号に掲載された。

血管内治療はB型大動脈解離の予後を改善せずの画像

ログインして全文を読む