国際糖尿病連合(IDF)・米国心肺血液研究所(NHLBI)・米国心臓協会(AHA)など国際6学会は、メタボリックシンドロームの診断基準において、腹囲を必須項目としないことなどを求める合同中間声明を取りまとめ、Circulation誌10月20日号に発表した。

ログインして全文を読む