心不全の悪化で入院した患者において、心房細動の有無は退院後の死亡および再入院の予測因子とはならないことが分かった。入院治療を要する心不全患者の臨床的特徴・治療法・予後を調査するために日本で行われた多施設の前向き登録観察研究Japanese Cardiac Registry of Heart Failure in Cardiology(JCARE-CARD)の結果で、Circ J誌11月号に掲載された。

心房細動の有無で心不全の総死亡・再入院率に差なしの画像

ログインして全文を読む