メタボリック症候群(MetS)の基準に該当する女性では、MetSではない女性に比べて下肢の末梢動脈疾患(PAD)を発症する率が高いことが確認された。MetSの項目の中では耐糖能異常による影響が最も大きく、BMI高値は影響が認められなかった。米国ボストンのBrigham and Women's Hospital、スイスのバーゼル大学病院など4施設による前向き試験の結果で、Circulation誌9月22日号に掲載された。

ログインして全文を読む