新規III群抗不整脈薬ドロネダロンとアミオダロンの有用性を、プラセボ対照比較試験のデータを用いたメタ解析で間接的に比較したところ、心房細動の再発予防ではアミオダロンが有意に優れるが、薬剤の中止を要する有害事象はドロネダロンで有意に少ないことが分かった。この結果はJ Am Coll Cardiol誌9月15日号に掲載された。

ログインして全文を読む