冠動脈バイパス術(CABG)前にACE阻害薬を使用していた患者では、術後の死亡や腎障害、心房細動、強心薬使用のリスクが高いことが分かった。この結果は8月12日、J Am Coll Cardiol誌のオンライン版に発表された。

ログインして全文を読む