性ホルモン結合グロブリン(Sex Hormone-Binding Globulin;SHBG)の血中濃度が高いと、男女とも2型糖尿病のリスクが低いことが明らかとなった。また、SHBGの2種類の遺伝子変異が、血中SHBG濃度だけでなく2型糖尿病リスクにも直接関連していることが示された。これはハーバード大学のグループが得た結果で、N Engl J Med誌オンライン版に8月5日、掲載された。

ログインして全文を読む