コペンハーゲン市中の公共スペースで起きた心停止の発生場所と件数を調査した結果、自動体外式除細動器(AED)の設置範囲は欧州のガイドラインでは不十分で、米国心臓協会(AHA)のガイドライン程度に広げる必要のあることが分かった。この結果はCirculation誌8月11日号に掲載された。

ログインして全文を読む