冠動脈バイパス手術(CABG)後の創関連合併症を減らす目的で広く行われている内視鏡下静脈グラフト採取は、直視下の切開採取に比べて、術後の静脈グラフト機能不全や死亡、心筋梗塞、再血行再建の発生率を有意に高めることが明らかになった。この結果はN Engl J Med誌7月16日号に掲載された。

内視鏡下グラフト採取はCABG後の死亡率を高めるの画像

ログインして全文を読む