冠動脈ステント内再狭窄の治療において、drug-coated balloon(DCB)は薬剤溶出ステント(DES)に比べてlate lumen lossを有意に抑制し、臨床イベント発生率も低下させた。この結果はCirculation誌6月16日号に掲載された。

ログインして全文を読む