スタチンを長期間服用していた冠動脈疾患患者に対し、経皮的冠動脈形成術(PCI)を行う前に高用量アトルバスタチンを短期投与すると、PCI後の臨床アウトカムが改善することが、イタリアでの多施設プラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験(ARMYDA-RECAPTURE)で明らかになった。この結果は、7月1日にJ Am Coll Cardiol誌オンライン版で発表された。

ログインして全文を読む