腎症の臨床所見がない1型糖尿病患者に対するレニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬の投与は、網膜症の進展を防ぐものの、腎症の進展抑制には効果がなかった。この結果はN Engl J Med誌7月2日号に掲載された。

RA系抑制薬は1型糖尿病の腎症進展を防げずの画像

ログインして全文を読む