米国糖尿病学会(ADA)・欧州糖尿病学会(EASD)・国際糖尿病連合(IDF)合同の国際専門委員会(International Expert Committee)は、糖尿病の診断にHbA1c検査を使用すべきだとする勧告をまとめ、Diabetes Care誌7月号で公表した。この勧告は、6月に米国・ニューオリンズで行われた第69回ADA学術集会でも発表されている。

ログインして全文を読む