糖尿病に合併する冠動脈疾患は予後不良であり、その予後を改善する至適治療はまだ確立していない。安定冠動脈疾患を有する2型糖尿病患者に対し、直ちに血行再建術を施行し、インスリン投与などによる厳格な血糖管理を行っても予後は改善しなかった。この結果は、N Engl J Med誌6月11日号に掲載された。

血行再建は糖尿病合併冠疾患の予後を改善しないの画像

ログインして全文を読む