入院後1週間までのホルター心電図に表れた虚血は、非ST上昇型急性冠症候群(ACS)患者のその後の心血管イベントリスクの上昇と強く関連していることが分かった。狭心症治療薬についての大規模臨床試験、MERLIN-TIMI 36試験の後付け解析の結果で、J Am Coll Cardiol誌4月21日号に掲載された。

ACS後1週間の虚血再発はその後のイベント予測因子にの画像

ログインして全文を読む