薬物代謝酵素チトクロームP450(CYP)の遺伝子多型は、プラスグレルの抗血小板作用や臨床上の効果に影響を及ぼさないことがわかった。この結果は、Circulation誌5月19日号に掲載された。

ログインして全文を読む